女性保険に加入するメリット・デメリットについて解説!

公開日:2022/10/01

健康に気を付けていても、急に体調が悪くなったり思わぬ病気にかかってしまったりすることがあるかと思います。生理や妊娠、出産などは女性のみが経験するものであり、それに備えたケアが必要になってきます。そこで登場したのが女性保険です。今回は女性保険について解説し、加入時のメリット・デメリットを詳しく説明します。

そもそも「女性保険」とは?

生命保険や自動車保険、火災保険など、保険の種類は非常に多種多様です。その中でも、女性保険とは女性特有の疾患に特化した保険のことを指します。

乳がんや子宮がん、卵巣がん、乳腺症や子宮筋腫、子宮内膜症などは女性しかかからない病気です。とくに、乳がんや子宮がんは若年層の死亡率がほかのがんと比べて高くなっているため、より手厚い保障が受けられる保険に入っておくと安心でしょう。

また、男性に比べて女性がかかりやすい疾患を保障してくれる保険も存在します。

出産をサポート

出産時、帝王切開する人の割合は年々増えてきています。帝王切開は自然分娩に対して異常分娩に分類され、その分お金がかかるというのが現状です。

そこで、異常分娩に対する保障が受けられる女性保険に加入しておくことで、経済的な負担が減ることにつながります。中には自然分娩に対応している保険もあるため、自分に合ったものを選んでいくことが重要です。

女性保険に加入するメリット・デメリット

女性保険に加入するメリットは、女性特有の疾患にかかってしまった際に手厚い保障が受けられる点です。若いからといって病気にかかりにくい訳ではないため、万が一の際に備えておくと安心できるでしょう。

とくに、20代若い世代の人はまだ社会人になって数年しか経っていないこともあり、経済面に不安がある人も多いかと思います。そこで、女性保険に加入しておけば保障によって経済面の負担を減らしながら治療を受けられるのです。お金の心配がなくなることで、受ける治療の幅も広がっていくことが予想されます。

たとえば、乳がんになってしまった場合、乳房を切除することに抵抗を感じてしまうのは当然のことです。そこで、ホルモン剤による治療を受けたり乳房の再建手術の金額を負担してくれたりする女性保険を選び、希望に沿った治療を受けることも可能です。

加えて、妊娠・出産時の合併症や異常分娩といった思わぬトラブルにも対応してくれるので、安心感が増します。

保険料や内容に注意

女性保険は保障が手厚い分、保険料が高い傾向があります。毎月支払うものであるため、自分の収入に見合ったものを選ぶことが大切です。また、既に生命保険や医療保険に加入している場合、内容が重複してしまう恐れがあるので注意しましょう。それぞれの内容をよく把握して加入する保険を選んでください。

女性保険の種類ごとの特徴

女性保険には、貯蓄型掛け捨て型の2つがあります。貯蓄型は積立型ともいわれ、保障する部分と積立部分を合計した保険料を毎月支払います。月々の保険料は高くなりますが、保険料の総額や加入期間によって給付金を受け取れる点が特徴的です。

病気にならず長年加入し続けることで、支払った金額より受け取れる金額の方が高くなるよう設定されています。解約時に返戻金を受け取れるケースも存在します。

保険料を抑えられる掛け捨て型

掛け捨て型の保険料は貯蓄型に比べて安くなっています。1か月当たりの経済的負担は少なくなりますが、何年間加入しても払った保険料が返ってくることはありません。月々の出費を抑えつつ病気に備えたいという人におすすめの種類です。

女性保険の選び方のポイント

女性保険を選ぶ際には、どのような保障内容になっているか確認することが重要です。たとえば、女性保険でも一般的な病気や怪我の際に給付金を受け取れるものもあり、女性特有の疾患の場合さらに上乗せで保障してくれるというケースも。入院・手術の際にどの程度給付金が受け取れるかきちんと確認しておきましょう。ま

た、がんは保障してくれるもののがんの一歩手前の状態である上皮内新生物は保障されないという保険もあります。自分にとって優先すべきポイントを決め、必要に応じて上皮内新生物も保障対象になっている保険を選んでください。

また、全額自己負担の先進治療の治療費を保障してくれるか、死亡時に一時金が支払われるかなど、見極めるべきポイントは非常に多くなっています。自分を、そして家族をサポートしてくれる保障内容になっているか、さまざまな女性保険を比較してもっとも希望にマッチしたものを選びましょう。

まとめ

女性保険に加入するメリットや選び方について解説しました。年齢問わず多くの女性を苦しめている乳がんや子宮がん、また女性の一大イベントである妊娠・出産時に手厚い保障が受けられる女性保険は非常に魅力的です。経済的な負担は増えるものの、万が一の際に備えて加入を検討してみてはいかがでしょうか。貯蓄型や掛け捨て型、保障内容など種類も豊富なので、自分にとって必要な保障を見極めて加入することが大切です。

【つくば市】おすすめの保険の相談窓口ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名保険貯蓄ナビ イーアスつくば店ほけんの窓口 つくば研究学園店ほけん百花 トナリエつくばスクエア店ほけんの110番 つくば万博記念公園オフィス保険見直し本舗 BiViつくば店
特徴経験豊富なファイナンシャルプランナーがそれぞれに合った保険を選んでくれる保険という商品を通して、顧客へ笑顔と幸せを届ける保険ショップ土日祝日も夜までオープンしている何度でも相談無料の保険ショップ全国に122拠点を展開し、何度でも無料で相談できる保険ショップ顧客一人ひとりに専属のアドバイザーがつく1担当者制の保険ショップ。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索