保険の相談窓口で医療保険に関する相談をする際のポイントとは?

公開日:2022/10/01

保険の窓口はさまざまな種類の保険商品を取り扱っているのが特徴です。無料で相談でき、複数の保険会社のプランを比較し、最適プランを提案してもらうことができます。家族で訪問して、それぞれが異なる保険会社のプランに加入することも可能です。今回は保険の相談窓口で医療保険に関する相談をする際のポイントについてご紹介します。

医療保険の見直しを行うメリット

保険は万が一発生するリスクに備えた制度です。病気やケガ、死亡、事故などの不測のでき事に対する金銭的負担、精神的負担を減らすメリットがあります。

中でも医療保険は被保険者が生きている間のケガや病気になった場合に限定された保険で、保証できる範囲の広さが魅力です。幅広い病気やケガをカバーできるので「もしも」の事態に遭遇した場合のリスクを最小化できます。また通院特約や三大疾病特約などオプションをカスタマイズすることで、自分にとって必要な範囲を調整できるのも医療保険の特徴です。

そんな「もしも」に備えた医療保険ですが、一度入ったらそれでおしまいではありません。発生を懸念すべきリスクは生活状況によって変わっていくものなので、ライフスタイルが変化した場合には、それに応じて医療保険も見直す必要があります。たとえば、独身であれば入院すると働けなくなるため、入院費を保険で賄う必要がありますが、パートナーがいれば保険の負担を減らすことが可能です。

それ以外にも子育て中、マイホーム購入、自営業に切り替えた時、子どもが独立した時などでも医療保険を見直すことで、よりライフスタイルに合わせたプランを選び、リスクに対する態勢を整えることができます。ライフスタイルの変化以外にも、女性であれば妊娠・出産時、女性特有の病気に備えた保険があれば安心できます。

年齢によっても適した保険は変化します。たとえば20代で考えられるリスクは病気よりもケガのリスクが重視されます。年を重ねて40代に突入すると、生活習慣病やがんリスクが高まるので、これらの病気に対する保証をメインとしたプランが適しています。さらに60代になると、定年後の生活負担の軽減を目的としたプラン選びが求められるでしょう。

医療保険を見直すことで、もっとも発生する可能性が高いと感じられるリスクへ対処できるうえ、見直し方によっては保険料を抑えられるメリットがあります。保険加入時に重点を置いていたリスクと現時点でのリスクにズレが生じたままで保険料を支払い続ける状態は避けたいものです。医療保険の見直しを行うタイミングとして、保険の更新時期や保険料を割高に感じたときなども挙げられます。

これまで存在しなかった、より自分の状況に適合した新しいプランが生まれている可能性もあるうえ、保険料が生活を圧迫する状態であったら本末転倒です。今一度、自身の年齢やライフスタイル、経済面などを客観的に見つめ直し、より適したプランを選び出すことが大切です。

保険の相談窓口で医療保険に関する相談をする際のポイント

保険の相談窓口で相談をする際のポイントは、信頼できる相談先を選ぶことです。相談相手として信用できるかどうかの見極めのひとつとしてFP(ファイナンシャルプランナー)資格の保有が目安となります。FP資格の中でもCFP資格、FP技能検定1級は上位資格であり知識や経験が豊富なため、より有益な提案・アドバイスが期待できます。

また、保険相談窓口には店舗型、訪問型、オンライン型などの面談方法があります。医療保険の見直しに関する相談は、複数回に及ぶことも多いため、負担の少ない面談方法に対応した窓口を選ぶことも大切です。

育児や家事が忙しかったり近くに店舗がなかったりする場合は訪問型やオンライン型がおすすめです。一方、対面の相談を重視する人や、買い物や仕事帰りなどに立ち寄りやすい場所に窓口がある場合には店舗型がよいでしょう。

それ以外にも、保険相談窓口で取り扱う保険会社とプランの量も重要です。取り扱う保険会社やプランが少ない窓口で検討しても、最適なプランが見つからず妥協して不満足なプランで契約せざるをえなかったり、改めてほかの窓口で選び直しを行ったり、という結果になりかねません。できれば20社以上の保険会社を取り扱う窓口であれば、充分な選択肢から最適なプランを選び出すことが可能です。

保険相談窓口の雰囲気をつかむために口コミサイトの意見、評判を参考することも有効ですが、意見を鵜呑みにするのではなく口コミ・評判サイトそのものの信頼性や口コミ件数や書き込み内容などを見て総合的に判断することが大切です。

保険の相談窓口で医療保険に関する相談をする際の注意点

保険の相談窓口で医療保険に関する相談をする際の注意点として、第一に現時点での自分にどんな保証が必要かを考える、明らかにしておくことが挙げられます。

同じ40代の人間であっても、性別や職種、住環境、家族構成、収入、将来の人生計画などさまざまなライフスタイルの違いによって必要となる保証は異なります。営業職や現場作業など屋外での勤務や交通機関の利用が多い人であれば事故やケガのリスクが高く、オフィスでデスクワークをする人であれば生活習慣病にかかるリスクが高い傾向があります。また遺伝的な疾患リスクがある場合にも、そのリスクに対応したプランを検討にいれておくとよいでしょう。

月々保険料として支払える範囲も明確にしておくとよりスムーズです。また保険商品を決める際には最初からひとつに絞り込まず、複数の会社とプランを候補にして比較しながら、満足できるプランを選び出すことをおすすめします。

保険の相談窓口で医療保険に関する相談をするまでの流れ

相談前に加入中の保険証書、検討中の保険資料があれば揃えておくとスムーズです。次に医療保険の相談窓口を決定します。候補としてFP資格を持っているスタッフが在籍している、無理なく相談できる面談スタイルがある、取り扱う保険会社の数が20社以上であることなどを目安にするとよいでしょう。

相談先が決まったら、面談の申し込みをします。店舗によって予約が必要であれば、日にちに余裕を持って申込しましょう。結婚されているようであれば夫婦そろって相談に参加し、一緒に検討することが大切です。

まとめ

保険の相談窓口で医療保険に関する相談をする際のポイントについてご紹介しました。医療保険は一度加入してしまったら後は放置してよいものではありません。ライフスタイルや年齢の変化に伴い、想定されるリスクや保険に支払える金額も変動します。

適切なプランに見直すことで、結果的に保険料を安くすることも可能です。保険の相談窓口で医療保険に関する相談をする際には、取り扱い保険会社やプラン数が多いところほど、最適なプランの提案を受けやすくなります。

【つくば市】おすすめの保険の相談窓口ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名保険貯蓄ナビ イーアスつくば店ほけんの窓口 つくば研究学園店ほけん百花 トナリエつくばスクエア店ほけんの110番 つくば万博記念公園オフィス保険見直し本舗 BiViつくば店
特徴経験豊富なファイナンシャルプランナーがそれぞれに合った保険を選んでくれる保険という商品を通して、顧客へ笑顔と幸せを届ける保険ショップ土日祝日も夜までオープンしている何度でも相談無料の保険ショップ全国に122拠点を展開し、何度でも無料で相談できる保険ショップ顧客一人ひとりに専属のアドバイザーがつく1担当者制の保険ショップ。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索