保険の相談窓口で学資保険について相談する際に確認するべきポイント!

公開日:2023/01/15


子どもが産まれると、保険への加入を考えなくてはなりません。万が一のことを考えて保険に加入する方もいますが、将来を見据えて学資保険へ加入する方もいるでしょう。本記事では、学資保険に関して相談する際のポイントや、学資保険関して詳しく解説します。学資保険への加入を検討している方はぜひ参考にしてください。

学資保険とは?

学資保険とは、子どもの学費を将来に備えて貯金するための保険になります。毎月、決められた金額を支払うことで、満期に合わせてまとまった給付金を受け取ること可能です。学資保険には貯蓄型と保証型の2タイプがあります。貯蓄型は教育資金を多く貯めたい方のために、保証型は貯蓄と一緒に医療保険などがついた万が一に備えたい方のための保険です。

また、文部省が実施した調査によると、幼稚園から高校まで通った場合平均で541万円の学費が掛かるといわれています。また、私立高校に通った場合には1,830万円掛かるといわれており、塾に通えばそれ以上に金が必要です。少しでも、負担を少なくするため、子どもの将来的に向けて計画的にお金を掛けていくのが学資保険です。

学資保険に加入するのがおすすめな人の特徴

実際には、子どもがいても学資保険へ加入していない方もたくさんいます。すべての人が加入しなければならいことはありませんが、中には学資保険の加入をおすすめする人もいるでしょう。学資保険に加入するべき人の特徴を解説します。子どもがいる家庭で、学資保険への加入を迷っているという方の参考になれば幸いです。

計画的に貯金することが苦手な方

計画的に貯金することが苦手な方は、学資保険へ加入することをおすすめします。実際に、幼稚園から大学卒業までにこどもに掛かる教育費は1,000万円以上だといわれています。また、大学に進学する場合は、まとまった金額が入学と同時に必要になります。すぐに用意するのが難しい金額であるため学資保険に加入しておくと安心です。

子どもを大学へ通わせたい方

子どもを大学へ通わせたいと考えている方は、学資保険にあらかじめ加入しておきましょう。大学の4年間は教育費で一番費用が掛かります。学資保険の満了は18~20歳に合わせており、大学の入学にまとまった金額を確保できます。もちろん、入学金だけではなく年間の学費を工面することもできます。

子どもがまだ生まれていない・産まれて間もない方

子どもがまだ生まれていない方や、産まれて間もない方は割安な保険で加入できる可能性があります。早めに学資保険に加入することで、毎月の掛け金が分散されるためです。たとえば、満期の金額が同じ場合0歳で加入する場合と5歳で加入場合では、5歳で加入する方がより掛け金が高くなります。したがって、子どもが産まれる予定の方は、将来大学へ進学させたいか二人で話し合い学資保険の加入を検討するとよいでしょう。

保険の相談窓口で学資保険について相談する際に確認するべきポイント

学資保険への加入が決まったら、保険に関して自分が思っている疑問を相談しましょう。ただ、保険の相談窓口へ行くと何を質問したらよいのかわからなくなる場合もあります。事前に、相談するポイントや九人しておきたいことを解説します。学資保険について、疑問を持っている方の参考になれば幸いです。

満期の設定

満期の時期と、子どもの教育費がかさむ時期を見極めて満期を決めましょう。相談すべきポイントは、加入した保険会社が満期の時期を設定できるかどうかです。満期の時期を設定できないプランもあるため注意が必要です。大学入学の時期に合わせて満期を設定すると、18歳満期設定になります。また、大学受験に合わせて17歳満期設定にする方もいます。

満期時に受け取る金額を明確にしておく

大学進学に当てる金額を満期にするのか、大学受験に合わせて満期を設定するのか事前に決めておくとよいでしょう。満期を設定しておくと、毎年均等に保険金を受け取るだけではなく多めに受け取ることができる時期を設定できます。保険金を受け取る時期が柔軟に対応してくれるかどうか、相談窓口で確認するポイントでもあります。

実際に保険の相談窓口で学資保険について相談するまでの流れ

保険の相談窓口で学資保険について相談するまでには、あらかじめ流れを知っておくと安心です。まず、サイトや電話で保険の相談窓口で学資保険について相談しましょう。次に、担当者から連絡が来たら店頭や自宅、オンラインなど自分に合った方法で相談する場所を決めます。場所や日時が決まり次第、学資保険について相談します。お客さんの希望に合わせて、納得がいかなければ何度も保険の提案を行うことが可能です。相談窓口を利用することで、契約の面倒な手続きを負担することもできます。

まとめ

本記事では、保険の相談窓口で学資保険について相談するべきポイント、学資保険への加入をおすすめする人を解説しました。保険の相談窓口では、一般的な保険だけではなく、学資保険に関することも丁寧に説明してくれます。子どもが産まれるタイミングで、学資保険への加入を夫婦で話し合ってから検討するとよいでしょう。本記事が、学資保険の加入に迷っている方の役に立てれば幸いです。

【つくば市】おすすめの保険の相談窓口ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名保険貯蓄ナビ イーアスつくば店ほけんの窓口 つくば研究学園店ほけん百花 トナリエつくばスクエア店ほけんの110番 つくば万博記念公園オフィス保険見直し本舗 BiViつくば店
特徴経験豊富なファイナンシャルプランナーがそれぞれに合った保険を選んでくれる保険という商品を通して、顧客へ笑顔と幸せを届ける保険ショップ土日祝日も夜までオープンしている何度でも相談無料の保険ショップ全国に122拠点を展開し、何度でも無料で相談できる保険ショップ顧客一人ひとりに専属のアドバイザーがつく1担当者制の保険ショップ。
公式サイト

おすすめ関連記事

サイト内検索