がん保険の見直しを行う際に確認するべきポイントとは?

公開日:2022/11/01

保険の相談

一生のうち、がんを発症する確立は、女性は50%、男性は65%程度で、2人に1人は生涯のうち、がんに罹患しています。罹患率が非常に高い病気なので医療保険とは別にがんに特化した保険があります。ここではがん保険に加入している方が見直しをするメリットとデメリット、見直しの際に確認すべきポイントなどをご紹介します。

がん保険の主な保障内容

まず、がん保険では具体的にどのような保障がうけられるかをご説明します。がん診断給付金は、がんと診断された段階で一時金として所定の金額が給付されるというものです。入院給付金や通院給付金では、がんの治療のために入院や通院をした際に1日あたり一定の金額が給付されます。

がんの治療を目的にがんゲノムプロファイリング検査を受けると給付金を受けとることができる、がんゲノムプロファイリング検査給付金もあります。がんは特効薬のある病気ではなく、今も効果的な治療の研究が行われていますが、最新の治療は公的な医療保険の対象となっていないことも多く、そうした治療を受けたい場合には高額の医療費がかかります。がん保険には先進医療特約もあり、先進医療を使った治療に備えることもできます。

がん保険の見直しの重要性

がんの治療方法は日々進化しています。がんの治療は、外科手術、抗がん剤投与などの化学療法、放射線治療の3つがベーシックですが、最近では遺伝子治療、免疫細胞療法、粒子線治療、樹状細胞ワクチン療法といった、新しい治療方法も用いられるようになっています。

また、最近ではがんの入院治療はそれほど長期にはならず、一方で通院治療は長期化する傾向にあります。がん保険も、最新の商品はそうした状況に対応して以前の保障内容と比べて通院保障を手厚くするなどの内容に変わっています。がん保険に入ったのが10年以上前という人の場合、保障内容を最新のがん治療に合ったものに変えたほうがよい可能性があります。

がん保険の見直しを行うメリット・デメリット

がん保険の見直しをすることで、がんになった際にベストな形で利用できる保障が用意できます。従来のがん保険では入院1日目から、入院が長期に及んだとしても入院期間中は給付金が受け取れる一方、通院治療についての保障内容はまちまちでした。また、重粒子線や粒子線といった先端医療は1クールで300万円程度の費用がかかります。

こうした高額な技術費がかかる先端医療についても、新しいがん保険商品なら備えておくことができます。年齢が上がるにつれてがんに罹患するリスクも高まります。自分に合った保障を準備しておくことで、がんを発症しても経済的な負担なく高度な治療を受けられます。見直しのタイミングで不要と思われる特約を解約すれば保険料を下げることもできます。

一方でがん保険を見直すことによるデメリットもあります。まず、がん保険を見直すことで保険料が逆に上がってしまう可能性があることです。年齢が上がるとがんの罹患率が高まるため、基本的に保険料はあがります。また、新しいがん保険に加入する場合は免責期間が発生することは認識しておくべきポイントです。

免責期間とは、がんが発覚したあとに保険に入って保険金や給付金を受け取ろうとする行為を防止するために設けられているもので、保険加入後一定期間は保障が受けられない期間ができます。保険料が上がったとしても免責期間を考慮して免責期間終了までは古い保険も残しておくとよいでしょう。保険の加入には健康状態などの審査があります。新しく入りたい保険があっても、健康状況次第では加入できない可能性もあります。新しい保険に必ず加入できるとは限らないという点でも古い保険を先走って解約することのないよう注意してください。

がん保険の見直しを行う際に確認するべきポイント

抗がん剤やホルモン療養といった通院しながら受ける治療は、保険によって保障内容が異なります。がん保険の見直しをする際は、どこまでの治療が保障されるかを確認するようにしましょう。また、がんと診断された際に給付金が受け取れる回数もチェックポイントです。

がん保険によって、がんと診断された際に受け取れる給付金が1回限りの給付となっているものと何度も受け取れるものがあります。がんは一度治療を行った後に再発することがあります。そのため、給付金は何度も受け取れるタイプの保険にしておくと安心です。診断給付金は用途が自由なので、働けない期間の食費など生活費にあてることもできます。

また、がん保険には一定期間の保障のみの定期型と一生保障が続く終身型の2つの種類があるので、保障内容のほかどちらのタイプにするかもしっかり検討するべきポイントです。

まとめ

がん保険は終身型に加入して終わり、ではなく定期的な見直しを行うことで本当に必要な保障を用意しておくことができます。がんに罹患してから入っていた保険では先進医療がカバーされていなかったと気づいても手遅れです。いざという時にしっかり使える保障となっているかどうか、チェックしておくことをおすすめします。こちらで紹介した内容も参考にして、時代に合ったがん保険を選んでください。

【つくば市】おすすめの保険の相談窓口ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名保険貯蓄ナビ イーアスつくば店ほけんの窓口 つくば研究学園店ほけん百花 トナリエつくばスクエア店ほけんの110番 つくば万博記念公園オフィス保険見直し本舗 BiViつくば店
特徴経験豊富なファイナンシャルプランナーがそれぞれに合った保険を選んでくれる保険という商品を通して、顧客へ笑顔と幸せを届ける保険ショップ土日祝日も夜までオープンしている何度でも相談無料の保険ショップ全国に122拠点を展開し、何度でも無料で相談できる保険ショップ顧客一人ひとりに専属のアドバイザーがつく1担当者制の保険ショップ。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索