保険の相談窓口を利用する際の大まかな流れをチェック!

公開日:

現在加入している保険を見直すために、保険の相談窓口を利用したいと考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、初めて利用する場合は何から始めればよいのか分からず、なかなか利用するまでには至らないこともあります。そこで今回は、保険の相談窓口のスタイルごとの特徴や、利用する際の大まかな流れなどを解説します。

保険の相談窓口の相談スタイルごとの特徴

保険の相談窓口といえば店舗型をイメージしがちですが、ほかにもさまざまな相談スタイルがあるのです。ここでは、相談窓口のスタイルごとの特徴を紹介します。

店舗型の相談窓口

店舗型の相談窓口は、相談員と直接対面して保険の相談や加入の手続きができる窓口です。ショッピングモールや駅ビルなどの商業施設に設置されていることが多いため、買い物のついでや仕事帰りに立ち寄ることができます。

相談員が訪問する訪問型

訪問型の相談スタイルは、相談員とあらかじめ訪問場所と日時を決めておき、直接対面して保険の相談や加入を行うスタイルです。訪問場所は自宅や職場、カフェなど自分が希望する場所を指定できます。

オンライン型の相談窓口

オンライン型の相談窓口は、Zoomなどのビデオチャットツールを使ってオンラインで対面して、店舗型のように保険の相談ができますが保険の契約はできません。外出せずに自宅で相談できるため、新型コロナ感染防止や、子どもが小さくてなかなか外出できない場合などに適しています。

電話型の相談窓口

電話型の相談窓口は、電話で気軽に保険の相談ができる窓口です。自宅近くに店舗がない場合や外出する時間がない場合でも、電話さえあればどこからでも相談ができます。ただし、相談員が提案した内容を目で見て確認できないうえ、保険の契約もできません。

保険の相談窓口を利用する際の大まかな流れ

保険の相談窓口を利用する際は、どのような流れで進めていけばよいのでしょうか。ここでは、相談窓口を利用する際の大まかな流れを紹介します。

保険相談の日時を予約する

保険相談は、まず希望する日時を予約することから始めます。相談窓口を選ぶ際は、評判のよい窓口を選んだり、自宅や会社から近くて行きやすかったりするなどの理由から選ぶとよいでしょう。予約方法は店舗によって違いますが、電話やインターネットで予約することが多いので、公式サイトなどで店舗情報を確認して予約を行いましょう。

ヒアリングとライフプランニング

保険相談当日は、揃えた書類を持参して保険相談の開始です。保険相談は、ヒアリングとライフプランニングの設定から始まります。ヒアリングでは年齢や職業、家族構成などの相談者に関することや、どのような保険に加入したいかなどの質問を受けます。ライフプランニングは、将来の考え方や設計などから保険商品を検討しましょう。

保険商品の提案

次に、ヒアリングとライフプランニングの内容に沿って、相談者に適した保険商品の提案をします。保険の相談窓口は、複数の保険会社と提携していることが多く、保障内容が似ている複数の保険商品を比較して選ぶことが可能です。また、保険への加入を強引にすすめられることがないので、じっくりと比較して決めることができます。

保険の契約

自分で納得のいく保険商品が見つかったら、保険の契約へと移ります。もし、提案された保険商品が納得いかないものであった場合は、キャンセルできるので無理に契約する必要はありません。保険の契約を次回に持ち越す場合は、相談日時を予約しておくとスムーズに相談ができます。

保険の相談窓口を利用する際に意識するべきポイント

保険の相談窓口を利用する際は、どのような点を意識して相談すればよいのでしょうか。ここでは、相談窓口を利用する際に意識するべきポイントを紹介します。

基礎知識を習得する

保険の相談をする前に、保険についての基礎知識を習得しておくことで、保険相談が順調に進みます。基礎知識がないまま保険相談をすると、相談員が提案した保険商品の内容がよく分からないまま、何となく流されて契約してしまうということもあるのです。そのため、基礎知識を習得しておくことは重要です。

保険を見直す目的をはっきりさせる

保険を見直す際は、見直しや加入目的をはっきりさせることで、相談員から最適な保険商品の提案を受けることができます。目的が明確でないまま相談をしても、相談員はどのような保障内容の保険が最適なのか分からないため、提案が難しいでしょう。

また、保険の相談をする前に、保険を見直す目的をはっきりさせることで、相談時間を無駄にすることもありません。

必要書類や情報をそろえる

現在加入している保険がある場合は、保険証券を持参して相談を行いましょう。保険証券には、加入している保険の詳細が記載されているので、保障内容や保険料が自分に適しているのかチェックしてもらえます。また、家族構成や家計に関する情報も伝えると、さらに詳しく加入している保険の確認が可能です。

まとめ

保険の相談窓口の相談スタイルごとの特徴は、店舗型は直接対面で相談や契約ができる、訪問型は指定した訪問場所に相談員が訪れ相談や契約を行う、オンライン型はオンラインで対面して相談はできるが契約はできない、電話型は電話で相談ができるが提案された内容を見て確認できないことや契約ができないということです。

相談窓口を利用する大まかな流れは、相談日時を予約し、当日はヒアリングとライフプランニングを実施。相談員が保険商品の提案をし、納得したら保険の契約となります。相談窓口を利用する際は、基礎知識を習得する、保険を見直す目的をはっきりさせる、必要書類や情報を揃えることが意識するべきポイントです。

【つくば市】おすすめの保険の相談窓口ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名保険貯蓄ナビ イーアスつくば店ほけんの窓口 つくば研究学園店ほけん百花 トナリエつくばスクエア店ほけんの110番 つくば万博記念公園オフィス保険見直し本舗 BiViつくば店
特徴経験豊富なファイナンシャルプランナーがそれぞれに合った保険を選んでくれる保険という商品を通して、顧客へ笑顔と幸せを届ける保険ショップ土日祝日も夜までオープンしている何度でも相談無料の保険ショップ全国に122拠点を展開し、何度でも無料で相談できる保険ショップ顧客一人ひとりに専属のアドバイザーがつく1担当者制の保険ショップ。
詳細リンク