保険の相談窓口の相談スタイルごとのメリット・デメリットを理解しよう!

公開日:2022/10/01

保険の相談窓口では、複数の保険会社の取り扱うプランを比較して検討できます。保険会社に縛られず、自分が直面しているリスクや条件に合わせて最適なプランを多くの選択肢から選び出して提案してもらえるのが魅力です。保険の相談窓口には3つの相談スタイルがあります。今回は相談スタイルごとの特徴とメリット・デメリットをご説明します。

そもそも「保険の相談窓口」とは?

保険の相談窓口は、保険会社に代わって保険商品(プラン)の販売を行う保険代理店です。

個別の保険会社では、一社が提供するプランの中で比較を行わねばなりませんが、保険の窓口では中立な立場で複数の保険会社のプランを取り扱っているため、会社を超えてプランを選べることと、複数の保険会社のプランを組み合わせた提案がもらえるなど、被保険者のニーズを重視した保険選びができるというメリットがあります。何回でも無料で相談できることや、加入後の契約管理を任せられること、専門的なアドバイスがもらえることも魅力です。

また、最近では保険の相談窓口の相談スタイルは多様化しています。これまでは保険の窓口に相談したい場合には店舗を訪問する必要がありましたが、仕事や家事が忙しくて来店できない人向けの訪問型や、近くに店舗がない人向けのオンライン型といった相談スタイルに対応する窓口も誕生しています。

保険の相談は今後の人生計画にも影響する大切な検討です。相談も複数回に及ぶことも少なくないため、相談者にとってなるべく負担のない面談スタイルを選ぶことが重要です。

来店型の保険相談窓口の特徴

来店型の保険相談窓口とは、ショッピングセンターや街ナカなどに構えた実店舗で面談を行うスタイルです。基本的には事前に訪問日時を予約して、決められた日時に来店して相談を行います。保険商品について細かく説明を受けたり、選び方についてアドバイスを貰えたりします。

一般的に取り扱う保険商品が多いことや、店舗によってはキッズコーナーが併設されていることがあるので、予約を入れる際に「子どもが同伴する」ことを伝えておくとスタッフが安心して相談できる環境を整えてくれるという特徴があります。

買い物やちょっとした外出のついでに気軽に相談できること、対面なので質問しやすいこと、パンフレットを実際に手に取って内容確認できることなどがメリットに挙げられます。デメリットは不要な提案を受ける可能性があることです。断るのが苦手な人にとっては、対面で勧められると断りづらいかもしれません。

訪問型の保険相談窓口の特徴

訪問型の保険相談窓口とは、予約した日時に指定した好きな場所(家、職場、カフェ、ファミレスなど)に保険スタッフに来てもらい、店舗以外の場所で相談に乗ってもらうスタイルです。保険の説明を受け、加入を決めたらその場で契約することも可能です。

仕事や家事、育児等が忙しくて実店舗に訪問できない方にとっては、移動にかける時間を短縮して、専門的な相談を受けることができることがメリットです。

訪問型スタイルを担当するスタッフは、来店型のスタッフと比べて営業ハードルが高いため、契約実績のある質の高い方が多く受け持つ傾向があります。そのため、より有益な提案・アドバイスが期待できます。

デメリットは自宅に担当者を呼ぶ際にはある程度のスペースを確保する必要がある点が挙げられます。複数の保険商品の説明をパンフレットやPC、タブレットを使って行うため、相応のスペースがないと説明がスムーズに進みません。少なくともテーブルの上だけでも片づけておく必要があります。

また、離島や山間部など訪問が困難な場所はサービス対象外となっている場合があります。相談を希望する場所が、訪問対象エリアかどうか事前に確認することをおすすめします。

オンライン型の保険相談窓口の特徴

オンライン型の保険相談窓口とは、文字通りにインターネットを通じて面談するスタイルです。PCやスマホなどのデバイス機器を使って、相談スタッフの顔や資料を共有しながら相談するスタイルです。近くに店舗がない、相談スタッフと外で会うことや自宅に招くことに抵抗があるという方でも安心して面談ができます。

また、新型コロナウイルスの影響もあり、対面せずにリモートで相談したいというニーズに応えるスタイルです。担当者は来店型や訪問型のスタイルと変わらず、保険の知識が豊富なプロが対応するため安心です。

オンライン型の保険相談窓口のメリットは、店舗への移動時間を省略できる点です。前述した通り、対面を避けたい人やスタッフを自宅へ招くことに抵抗がある人、近所に店舗がない人でも相談ができることに加えて、小さい子どもや細やかな介護が必要なお年寄りがいる家庭でも、ストレスなく保険相談に集中できことが挙げられます。

契約の際に店舗に来店の必要がある場合にも、オンライン型の保険相談窓口サービスを活用することで来店回数を最小限にでき、外出の手間を軽減できるというメリットもあります。

デメリットとしては、安定した通信環境が必要となる点です。インターネットを通じてやりとりを行うため、通信環境が悪いと途中で画面や音声が固まってしまったりする可能性があります。事前に保険の窓口が推奨する通信環境やPCやスマホのスペックについて確認しておくとよいでしょう。

ほかにも、すべての保険商品がオンライン上で加入できるわけではない点にも注意が必要です。保険のプランによっては各保険会社の定めたルールに則って申込手続きが必要になります。近くに実店舗がないなど、店舗を訪問するのが困難な場合には検討対象のプランはオンライン上で加入を完結できるのかどうか、あらかじめ相談スタッフに確認しておくことをおすすめします。

まとめ

保険の相談窓口の相談スタイルごとの特徴とメリット・デメリットをご紹介しました。保険の相談窓口には「店舗型」「訪問型」「オンライン型」の3つのスタイルがあります。店舗型は取り扱うプラン数が多く、子どもの同伴にも対応してくれやすい一方、不要なプランを勧められた際の断りにくさがあります。

訪問型は自宅やカフェなど指定した場所にスタッフが遠征してくれるスタイルです。経験豊富な人が担当する傾向がある一方、エリアによっては訪問できない場合があります。オンライン型はインターネットで相談を行うスタイルです。移動の手間が不要ですが、プランによっては契約を結ぶために実店舗を訪問しなくてはならいこともあります。

【つくば市】おすすめの保険の相談窓口ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名保険貯蓄ナビ イーアスつくば店ほけんの窓口 つくば研究学園店ほけん百花 トナリエつくばスクエア店ほけんの110番 つくば万博記念公園オフィス保険見直し本舗 BiViつくば店
特徴経験豊富なファイナンシャルプランナーがそれぞれに合った保険を選んでくれる保険という商品を通して、顧客へ笑顔と幸せを届ける保険ショップ土日祝日も夜までオープンしている何度でも相談無料の保険ショップ全国に122拠点を展開し、何度でも無料で相談できる保険ショップ顧客一人ひとりに専属のアドバイザーがつく1担当者制の保険ショップ。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索