保険の相談窓口を利用する際に必要になる書類・持ち物をチェック!

公開日:2022/10/15

保険の新規手続きや既に加入しているものを見直したい時、保険の相談窓口を利用するのがおすすめです。保険の専門家である相談員が、親身になって加入者にぴったりのプランを紹介してくれます。そこで、今回はより手続きをスムーズにするために、保険の相談窓口へ行く前に用意すべき書類や持ち物について解説します。

保険の相談窓口を利用する際に必要になる書類・持ち物

保険の相談窓口へ行くとすぐに加入できる保険が見つかると考えているかもしれません。ただ、1回訪問しただけで契約が終わるケースは非常に珍しいのです。

1回当たり1時間ほど相談して、数回話し合いを行うことでより自分にマッチした保険が見つかるでしょう。そこで、何度も訪れる手間を省くために必要な書類や持ち物を整理します。

新規加入でも見直しでも、身分証明書・銀行口座・銀行口座の登録印鑑・実印は忘れずに用意してください。身分証明書は住所と生年月日が記載されているものをチョイスして、銀行口座は保険料の引き落としに使います。また、正式な契約を結ぶためシャチハタは使えません。

そのほかに、自分の健康状態について伝えるべき事項がある方は、医師からの診断書を持参して相談員に見せましょう。保険の種類によっては、持病の有無で加入できるかどうか決まるものがあるからです。

保険証書を忘れずに

既に保険に加入している場合、保険証書を持って行きます。そうすることで、現在の保険と新しい保険との違いが分かりやすくなります。料金や保障される内容をしっかり見比べて、適切なものを選んでください。保険証書は普段からきちんと管理しておくことをおすすめします。また、契約内容が分かる書類があればそれが代わりになります。

気になる保険を調べておく

CMなどの広告で保険を知ることもあるかと思います。その中で「この保険が気になる」というものがあればあらかじめ調べておきましょう。保険の相談窓口は数種類~数十種類の保険を取り扱っているため、何も決めていない状態だと非常に時間がかかることが予想されます。気になる保険があればまとめておいて、詳しい話を聞きながら自分に合った保険を見つけることが重要です。

保険の相談窓口を利用する際に持っていくと便利なもの

保険の相談窓口を利用しても、その場で保険がきまることはあまりありません。さらに、店舗を訪れた場合一度帰宅して冷静にじっくり考えたいと思う方もいるでしょう。そのような時のために、保険のパンフレットや書類が入る大きめのバッグを持って行くのがおすすめです。

また、ファイルを複数枚用意して保険会社ごとに分けられるようにしておくと、あとで振り返る際に見やすくなります。そして、一度で保険が決まらなかった時のためにスケジュール帳を持参して、次に相談する予定を立てられるようにしておくとよりスムーズに契約まで進むことが予想されます。

保険の相談窓口を利用するまでの流れ

まずは保険相談の予約を行います。急に店舗を訪れても空きがなければその分待つことになるため、来店の日時を予約しておくといいでしょう。

予約の際に、店舗を訪れるのか自宅やカフェに来てもらうのかオンラインで相談するのかを決めてください。自分が店舗を訪れる場合、アクセスしやすいところにある評判のよい保険の相談窓口を利用することをおすすめします。

そして、実際に保険相談に進みます。当日は必要書類や持ち物、気になる保険のリストを持参して、ライフプランを明確にしておきましょう。希望や不安、悩みは細かく伝え、親身になって相談に乗ってくれる相談員かどうか見極めることも大切です。

そうして勧めてもらった保険の中から、自分の希望を叶えてくれるものを見つけてください。保険はお金もかかるうえ今後の人生にも関わってきます。すぐに決めるのではなく、じっくり時間をかけましょう。

家族がいる方は家族と相談しながら、自分に万が一のことがあった時にまとまったお金を受け取ることができるのかなども考慮しながら決めていきます。加入する保険が決まったらそのまま契約に進み、まだ決まらなければその場で次回の相談予約をとりましょう。

気軽に利用することも可能

保険の契約は非常に重要です。そのため、しっかり準備してから相談に行くのが望ましいですが、保険に初めて加入する場合何も分からない状態だという方もいるでしょう。膨大な種類の中から自分に合ったものを探すというのは、予想以上に困難な作業です。

そのため、まずは気軽に保険について相談するという利用方法もおすすめです。自分で調べてもよく分からなかったことが、相談員に説明してもらうことで理解できることにつながっていくのです。難しく考えすぎず、話を聞いてもらうようなスタンスで利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

保険の相談窓口を利用する際に必要なものについて解説しました。身分証明書や銀行口座、印鑑など、基本的にどの契約でも使うものは保険の契約でも必要です。そのほかに、既に加入している保険の保険証書があれば持参してください。

新しく加入する保険の保障内容や金額などの条件も整理しておくことで、相談員がより適切な保険を勧めやすくなります。慎重に保険を比較して自分と家族を助けてくれる保険を見つけましょう。

【つくば市】おすすめの保険の相談窓口ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名保険貯蓄ナビ イーアスつくば店ほけんの窓口 つくば研究学園店ほけん百花 トナリエつくばスクエア店ほけんの110番 つくば万博記念公園オフィス保険見直し本舗 BiViつくば店
特徴経験豊富なファイナンシャルプランナーがそれぞれに合った保険を選んでくれる保険という商品を通して、顧客へ笑顔と幸せを届ける保険ショップ土日祝日も夜までオープンしている何度でも相談無料の保険ショップ全国に122拠点を展開し、何度でも無料で相談できる保険ショップ顧客一人ひとりに専属のアドバイザーがつく1担当者制の保険ショップ。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索